コーヒーの美味しい話 コーヒーのこと、もっと知りたい!

抽出方法とバリエーション

抽出方法やミルクの加え方でも美味しさの変わるコーヒー。
香り高いコーヒーをもっと個性的に!

コーヒーの抽出法とその特徴
1. ペーパーフィルター式

コーヒーを入れる方法として最も家庭に普及しているのが、この方法です。
初心者にもカンタン気軽に楽しめます。

<特徴>
少人数で飲むにはカンタンで便利です。
多種類のコーヒーメニューに対応できます。
コーヒー豆の特徴をストレートに出すことができます。

抽出のポイント
  1. フィルターをセットしたらコーヒー粉を入れる前に、一度さっと湯を通します。
    ペーパーフィルターのアク抜きになります。
  2. 湯が沸騰したら火からおろし、ひと呼吸おいてから湯を注ぎ始めます。
  3. 1回目はまんべんなく湯がゆきわたるように蒸す程度に。
    約30秒間、間をおいてから数回に分けて注ぎます。
2. ネルドリップ式

いまでこそペーパーフィルターが主流ですが、以前はずっとこのネルが愛用されていました。
ペーパーに比べると扱いがちょっと面倒ですが、きめの細かいネルを通って抽出されるコーヒーの風味は格別 です。

<特徴>
「飲みたい分だけ!」を気軽に入れることができ、面倒な設備もなく、カンタンです。

抽出のポイント
  1. 湯は完全に沸騰したら火からはずし、湯の泡が静まったぐらいからかけだします。
  2. 最初は蒸すことが大切で、湯量を加減してコーヒーにまんべんなく湯が浸る感じてやめます。
  3. 2回目に湯をかけるポイントは、1回目のコーヒーのふくらみがしぼみ出したぐらいからかけ出し、3、4回目は湯のあるうちに次ぎ湯をかけ出します。
  4. かける湯の温度はあまり変えないように。
3. サイフォン式

熱膨張と毛細管原理を応用して湯をフラスコからロートに持ち上げ、ロート内のコーヒー粉の味をボイリング溶解し、フィルターでこす方法。「バキューム法」(真空ろ過法)といわれています。

<特徴>
演出効果があります。フラスコとロートの間を湯とコーヒーが上下するプロセスは見ていて楽しいです。
味にあまり差がでません。

抽出のポイント
  1. 湯が上がり切ったら竹ベラで静かにコーヒー粉をほぐし、30秒前後放置してから再度コーヒーをほぐし火からおろします。
  2. フラスコ内に湯を入れすぎると、湯が沸騰点に達したときフラスコから湯が吹き出してしまいますので、ご注意を!
4. ボイリング式

歴史的に最も古い入れ方で、今もコーヒーの生産国で行われている方法です。いったん沸騰した湯の中に粗挽きの粉を入れてしばらく煮沸して抽出します。

<特徴>
一度に20~30人分をおとすことが出来ます。

5. エスプレッソ式

イタリア語で「急行」という意味で、蒸気圧力でコーヒーを抽出する方法です。

<特徴>
とても濃厚な香り高いコーヒーで、専用のエスプレッソマシンが必要です。
30秒程度で出来上がり、砂糖をたっぷり加え甘苦くして飲みます。

抽出のポイント
  1. 香りが抜けるのを防ぐため、抽出の直前に極細に挽きます。
  2. 専用ホルダーに粉をセットし平らになるように軽く押します。
  3. マシンにセットし適量(30CC)を30秒程度の時間で抽出します。
    (抽出時間の調整は粉の量・細かさ・タンピングで変化します)

気軽に楽しめるコーヒー・バリエーション。
たまにはいつもとちょっと違うコーヒーの味、楽しんでみませんか?

カフェ・オーレ

クロワッサンとこのカフェ・オーレで始まるといわれるフランス人の朝。
カフェ・オーレは「ミルク入りコーヒー」という意味です。
正式には、やや濃いめに入れたコーヒーのポットと、温めた牛乳のポットをそれぞれ左右の手に持ち、モーニングカップに同時に半々ずつ注ぎ込みます。

カフェ・ラテ

カフェオレと同じく「ミルク入りコーヒー」のイタリア語。エスプレッソにミルクをたっぷり注いで作ります。

カプチーノ

修道僧の帽子(カプッチョ)に似てるのでこの名前(カプッチョ風)と付いた。
エスプレッソに泡立てたミルクを加えた物で、泡で絵や模様を作るデザインカプチーノが人気です。

ウィンナーコーヒー

音楽の都、オーストリアのウィーンで好まれている「アインシュペンナー」の、日本版です。
カップに事前にグラニュー糖を入れ、そこに濃いコーヒーを注ぎ、上にホイップした生クリームを浮かべます。
飲むときは混ぜないでそのまま飲みます。

カフェモカ

本来はコーヒーにココアを混ぜた飲み物を指していましたが、現在ではエスプレッソにミルクとチョコレートを混ぜたコーヒーのことを指します。甘苦い味が特徴で、甘党の大人向けに人気があるほか、コーヒーは苦手でもカフェモカなら飲めると言う人も多いです。